トップページ
きたむら恵子のK2キルトへようこそ!
お教室のご案内
イベント情報
キルトガーデンニュース
ブログ “キルト作家 Keiko Kitamura のローズカラーに包まれて”
 
 

 

 

 

最新キット!おしゃれ上手シリーズ「cosmetics」
自分磨きもこんなところから…

秋晴れの気持ちの良さは、全ての思考を前向きにしてくれますね。そんな気持ちになるこの季節は自分磨きに新しいものを取り入れる絶好のチャンス!絵画鑑賞、スポーツジム通い、エステ、新しいメークの研究…etc. 楽しい事がいっぱい!何から始めようかしら!?
そんな自分磨きのひとつとして、手にする度に幸せ気分で満たされてしまうような手作りコスメポーチはいかがでしょう!

おしゃれ上手なポーチ

口紅、パフ、指輪やリボンのアップリケがとってもキュート!
ヴォーグ社通販で大人気!

カップ&ソーサー 
オレンジシャーベット
カップ&ソーサー
レモンライム
上記キット通販はこちらから

日本ヴォーグ社
手づくりタウンNewsニードルクラフト秋号 56ページ掲載中

パッチワーク通信社

パッチワーク倶楽部 11月号

 

イベントのお知らせ
詳しくはこちらから

◆大塚屋 名古屋車道本店
  11月1日〜12月11日

◆阪急百貨店うめだ本店
  11月3日〜11月9日

 

◆インターナショナル・キルトウィーク横浜2010
  11月26日〜11月28日

◆キルトウィーク福岡2010
  12月3日〜12月5日

 

 

アイラブ ルート

似合うでしょ!! 白い体に 黒い模様、赤は僕にぴったりさ!

 

ますますやんちゃぶりを発揮してきた√、 思いどうりにならなかったり、相手をしてやらないと ケージの敷物を噛んだり、足でほじくって…とうとう下に潜り込んでしまいました。

 

 

きたむらガーデン 葡萄(ナイアガラ)がそろそろ収穫?

独特の甘い香りが何とも言えないナイアガラ。あまり知られていない品種ですが、この香りと溢れんばかりの果汁は根強いナイアガラファンにはこたえられない美味しさ!この葡萄の隠れファンは意外と多いそうです。さてさて、きたむらガーデンのナイアガラ2010年のお味のほどは…。


 

 

【連載】旦那様作る人×私食べる人

やってきました『食欲の秋!』
おいしい鴨をすきやきで…河内鴨ロースを大阪の『ツムラ』から取り寄せ、まるまるとしたはたけしめじと一緒にすきやきにしました。 涼しくなってきたので ぐつぐつ、ふうふうと・・・おいしかったです♪

暑さが去ると人はまるで人格が変わったかのように食欲を増すのです…ああ、私ってやっぱり肉食系女子だったのね(笑)

 

お楽しみプレゼント
◆ウール地のポーチ◆

秋に持ちたいクラシカルなポーチです。

応募されている皆様の中から抽選の上お一人様にプレゼント致します。

発表は次回こちらのページ【キルトガーデンニュース】にて行います。どうぞお楽しみに!


※写真は完成品ですがプレゼントはキットです

【応募方法】
こちらのメールより下記項目をご記入の上メールにてご応募下さい。

1.応募商品名:ウール地のポーチ
2.貴方のお名前
3.K2キルトオリジナルアイテムにこんなものがあったらいいな…等、ご希望がありましたらお書き下さい。

応募締切
10月25日
尚、プレゼントは毎月変わりますのでお楽しみに!!

発送方法
10月30日 次号このコーナーにて発表致します。
当選者にはご応募頂いたメールにご住所お伺いのご連絡させて頂きます。

 

プレゼント当選発表
たくさんのご応募ありがとうございました。

進藤様
おめでとうございます!


当選のメールをお送りさせて頂きましたのでお届け先等をご連絡下さい。

ご連絡締め切り
2010年10月30日


 

編集後記

すっかり定番になった恵子先生のオリジナルキット・カップ&ソーサー。おかげ様で新しい柄を出す度に数が足りなくなる程で、今ではK2キルトの大人気商品となりました。カップ&ソーサーって、本物の同様、お気に入りをコレクションしたくなってしまう気持ち…『うんんん、わかる!宮田も同感です!』

ところで皆様、2007年頃の『白』という名前のカップ&ソーサー(K2キルトオリジナルキット)をご存じですか?これもまたカップ&ソーサーファンにとってはたまらない一品です。白をベースに清楚なお花柄が入りカップの縁にはさり気なくビーズがついている作品です。初期のネーミングは白やピンク等、色の名前がついていましたけれど、最近はストロベリー、ペパーミント、オレンジシャーベット、レモンライムなど可愛いネーミングも相まってコレクターさんが益々ふえてきました。次はどんなネーミングの新作が出来るのかな…?と、一ファンとして皆様と一緒に楽しみに待つ私です。

WEBニュース編集長 宮田