トップページ
きたむら恵子のK2キルトへようこそ!
お教室のご案内
イベント情報
キルトガーデンニュース
ブログ “キルト作家 Keiko Kitamura のローズカラーに包まれて”
 
 

 

 

 

とっておき!秘密の小箱

カルトナージュ用の厚紙を使ってパッチワークした布をかぶせます。薔薇の花やレースでデコレーションしてオリジナルBOXに。私は中にオルゴールを入れて使っています。

縦12×横18×高さ4cm  1995円(税込)

花いっぱいのバニティーポーチ

蓋の裏に筆やペンを入れて留め置くことが出来ます。お化粧品がたっぷり入ります。また、ソーイングケースとしてもGOOD!

9×18×9cm
2940円(税込)

ゆら〜りタッセルのポーチ

ゆれるタッセルが優雅な雰囲気にしてくれます。

14×28×6cm
2310円(税込)


巻き薔薇のチャーム

バッグチャームとして、お部屋のドアーノブにかけて・・・いろいろ楽しめます。

20×10cm
(チェーンの長さを含む)
1000円(税込)

※上記価格は全てオリジナルキットのお値段です。

 

御礼!インターナショナルキルトウィーク大阪

先日行われた『インターナショナルキルトウィーク大阪』は沢山の方に来ていただきました。        教室の生徒さんの作品展示では大作のタペストリーや額飾りなどお部屋に飾るイメージで展示しました。 大きな薔薇の花飾りのフロアースタンドも素敵でした。        

お店では布で作るカップ&ソーサーが人気で、『ヴォーグ社の本で見ましたよ〜』と何人ものお客様からお声がかかりました。

人気の『ティーカップ&ソーサーキット』 は、新色『オレンジシャーベット・レモンライム』が近日発売されます。




【次回お知らせ】
インターナショナルキルトウィーク横浜
 11月26日(金)〜28日(日)

 

きたむらガーデン 薔薇でお迎え致します

アトリエのまわりは一年中いろいろなお花が咲いています。5月頃からは薔薇がとてもきれい!アプローチに植えられた白いバラが皆さんをお迎え致します。

淡いピンクがとてもきれいなケアフリーワンダーもウッドデッキを素敵に飾ってくれています。今年2年目のケアフリーワンダー、お手入れがあまりいらず律義に次々と花を楽しめます。

 

【新連載】旦那様作る人×私食べる人

お客様の多い我が家ですが、いつの間にか旦那様がシェフになっていました。私が言うのもなんですがなかなかの腕前!(笑)『美味しいわ〜♪』なんて喜んで頂いてばかりいるうちに気が付くと…旦那様作る人×私食べる人 こんな我が家の簡単で美味しいお料理を紹介させて頂きます。

 

【ホタテとグレープフルーツのカルパッチョ】

ホタテに切れ目を入れてグレープフルーツをはさみ、エクストラバージンオイル、旨い塩、ハーブ類をあしらって出来あがり!(見たまんまでしょ) 火を使わずパパッと出来ます。 バゲットと合わせてワインにぴったり。お休みの日にパッと作ってゆっくりのんびり頂くのは最高。

と言うわけで、これからも頑張ってね!旦那様

 

お楽しみプレゼント ◆巻きバラのチャーム・オリジナルキット◆

エレガントで大人可愛い巻き薔薇のチャーム。バッグにつけているだけでお洒落度ワンランクアップです♪

応募されている皆様の中から抽選の上お一人様にプレゼント致します。 このチャームはクローバー社のスイートローズプレートを使って作ります。

発表は次回こちらのページ【キルトガーデンニュース】にて行います。どうぞお楽しみに!


※写真は完成品ですがプレゼントはキットです

【応募方法】
こちらのメールより下記項目をご記入の上メールにてご応募下さい。

1.応募商品名:巻きバラのチャーム・オリジナルキット
2.貴方のお名前
3.K2キルトオリジナルアイテムにこんなものがあったらいいな…等、ご希望がありましたらお書き下さい。

応募締切
7月25日
尚、プレゼントは毎月変わりますのでお楽しみに!!

発送方法
7月30日 次号このコーナーにて発表致します。
当選者にはご応募頂いたメールにご住所お伺いのご連絡させて頂きます。

 

編集後記
はじめまして!
WEBニュース編集長 宮田です。記念のVOL.1が完成しました。先日このHPに使う為の写真撮影もさせて頂きましたが、先生の作品って本当に可愛いですね♪ファインダー越しに見る作品の一針一針がとても丁寧なニュアンスを持っていて、夢中になってシャッターを切りました。このプロの技が、ただ甘いだけじゃない本物の大人の可愛さなんだな…なんて思いました。
『先ずはスタートしてみましょうか…』なんて始まったWEBニュースですが、少しずつ内容を充実していきたいと張り切っておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

WEBニュース編集長 宮田